手作りお漬物の店_ドリーム岩塚(いわつかのお漬物) お電話でのお問い合わせ、ご注文はフリーダイヤル0120−834−377 営業時間 月〜金 8時15分〜17時まで、土祝祭日 10時〜16時まで。定休日は日曜日です。創業より30年、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

TOP  商品一覧  ご注文方法  特商法の表記  アクセス  お問い合わせ

 

梅干誕生秘話




ドリーム岩塚会長 内藤由美子

ドリーム岩塚会長

 

<今から思い出すこと40年位前、当時息子(現社長)が6歳の頃>

<海水浴での話>

新潟の暑い夏、家族5人で海水浴に行きました。
その日は、晴天で海水浴日和。
気温はおそらく30℃を超えていたと思います。
海だから40℃近いのかも知れません。

私達は、元気に海で泳ぎ、お昼は「おにぎり」と
海の家で買った 「ラーメン」をたくさん食べて、
泳ぎ疲れて帰るまで 元気に遊んでいました。


帰宅後、事件は起こりました。
食中毒です。


その際に食中毒になったのは、私と母(会長)。
おにぎりを食べたのも2人だけ。
食中毒の原因が「おにぎり」にあったことは、
すぐに分かりました。
その時の梅干は、近所のお店で買った「かつお梅」。
子供だけに、すっぱい梅干が嫌いだった息子が
たくさん食べたのだから、今で云う
「減塩梅干(調味梅干)」なのかも知れません。
もちろん、その時そんな知識はありません。
新潟の田舎で生活する私達ですから、、梅干は
保存性を高めるというか食中毒にならない為に
梅干を使うという考えしかなく、私は疑問を持たずに
海水浴に梅干入りの「おにぎり」を持って行きました。


運悪く、たまたま自家製の梅干が切れていたから
なのですが、もしかしたら、買った梅干に
「要冷蔵」と記載されていたのかもしれませんね。
その当時は、考えもしないことです。


今となっては、会社名も商品名も分かりませんが、
その時の辛さと苦しみは、今でも鮮明に覚えております。
その日以来、我が家には、「減塩梅干(調味梅干)」 が

食卓に並ぶことはありません。


調べると今、調味梅干は塩抜きをしているものが
多いと分かりました。だから日持ちがしない。
保存性が落ちる。といったところなんでしょうが、
その分塩気と酸味が抜け食べやすくなる。


当時は、そんな知識も無かっただけに、
この食中毒は、防ぎようがなかったと思います。


だから、塩分控えめで「美味しい梅干」は出来ないか
考えたことが始まりで、この梅干が誕生しました。

ドリーム岩塚の梅干は、梅はもちろん新潟県産、
漬け込み塩分は10%、味は昔ながらで
すっぱいのですが、天日で良く干しますので
味わいのある味です。


もちろん、保存料・着色料未使用です。





梅干入おにぎり